小売業の品管
昔あったこと、いまやってること、その他どうでもいいようなことを・・・・・

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

kumamusiです。 某小売業で、品質管理をやってます。 コメント、リンク歓迎です。

kumamusi

Author:kumamusi



最近の記事



カテゴリー



リンク



最近のコメント



月別アーカイブ



FC2カウンター



最近のトラックバック



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


酢・・・

夏が終わるころになると、酢の中にクラゲのようなものが発生したとのクレームがぽつぽつと上がってきます。

アジロ

かなりの人は、酢には殺菌作用があり、細菌が繁殖するなどとは思ってないようです。開栓され、酢酸菌がビンの中に飛び込んだりしたものを夏場常温で放置すると、菌がセルロースゲルをせっせと作り、そのうちそれがクラゲのように漂いはじめる・・・これを業界では“アジロ”と呼ぶようです。夏場の酢は、冷蔵したり振ってやると固まりが発生しづらいとの事。しかし、酢酸菌の同様の働きで作られるのが紅茶キノコとナタデココというのを改めて知りました。

セルロースゲル

異物を染めてみました。菌がゲルに付着しています。
昔ながらのやり方で酢を作るときには、タンクの酢の表面にこの膜が浮いて発酵が進んでいくとのこと。
タンクでブクブクやるのとはまるで違うんですね。いや、奥が深い・・・

しかし、クレームの回答用紙に、この写真を添付しようとしたら、同僚から止められた・・・・菌がいるのはナットウだってヨーグルトだって同じじゃん・・・・・と思いましたが、これで喜ぶのは理系の人か・・・・生理的に強い拒絶反応を示されて、火に油となったら消火作業が大変なので思いとどまりました(^_^;)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

アメリカ製の未開封のホワイトビネガーで同様の苦情がパラパラ来たことがあります。
まぁ工場でのコンタミですね。

工業的食酢醸造工場の生産ラインにはあってはいけない野生種の酢酸菌な訳で、工場レベルの低さを物語っていました。

発生率 数十ppmだったかな?
【2007/12/09 23:58】 URL | ZL2PGJ #-[ 編集]

>ZL2PGJさん
コメントありがとうございます

いや~~、なんだかアメリカの片田舎で、のんびりと作っている光景がリアルに目に浮かんでしまいました・・・・・きっとそうではないんでしょうけど・・・・(^_^;)
【2007/12/15 12:05】 URL | kumamusi #qY5QdGkI[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hinkan.blog59.fc2.com/tb.php/65-132c5a5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。