小売業の品管
昔あったこと、いまやってること、その他どうでもいいようなことを・・・・・

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

kumamusiです。 某小売業で、品質管理をやってます。 コメント、リンク歓迎です。

kumamusi

Author:kumamusi



最近の記事



カテゴリー



リンク



最近のコメント



月別アーカイブ



FC2カウンター



最近のトラックバック



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


地震・・・・・

「いつか来るとは思っていたが、今日来るとは知らなかった」というコピーの映画が昔ありました。ミョーに記憶に残ってる・・・・
大地震が来ても、まあその時はその時で、どうにかなるわと思っていましたが、ほっとくわけにもいかなくなり、耐震対策を行なうことになりました。
まあ、1トン以上あるクリーンベンチが突進してきたり、積み重ねてあるインキュベーターが飛んでくるというのもなんだし・・・・
しかし、それを考えて作られた建物でないと、対策はなかなか難しい。壁がパネルで、ここに鎖で固定するわけにもいかない・・・・しかし、「ちょとした事でも、やっとるのとやっとらんのじゃ、えろー違うんよ」と阪神大震災に遭遇した人の話・・・・
とりあえず、試薬棚やロッカーなど、軽い物は両面テープやガムテープで固定。一発目の揺れで中身が飛び出してくれれば、本体の重量はそれほどでもないので十分耐えてくれるか・・・・・
重いインキュベーターやクリーンベンチだと、そう簡単にもいかないので、工事屋さんに来てもらい固定方について相談しました。壁は当てにならないので、床に固定するとなると結構大変なことになりそうです。ガッチリ固定するとなると、機器の買い替えや増設、移動、修理のたびに苦労しそう・・・・また、結構なお値段になるので年度の予算で計上しないと・・・・というわけで、直接床に機器を固定するのはやめて、床にアンカーを打ってアイボルトを植え、そこにラッシングベルトで固定することにしました。これだと機器の位置が変わってもアンカーを打ちなおすだけで済むし、40本ほど打ってもらって5万円ほどとの事。
ラッシングベルトは・・・・しかし、これがまた意外と高価でした。これも年度予算かと思いながら色々と探していると、タイトロンなるベルトを発見。これなら安い。

なんだかんだでようやく固定終了。

アイボルト

アイボルトです。

インキュベーター

ベルト1本で2トンまで耐えられるとの事なので、あまり強く締めるとインキュベーターが変形しそう・・・・・
これで重量物の固定は完了。

しかし、本当にデカい地震が来たら、インキュベーターから培養している物がいきなり飛び出てくるだろうな~~・・・いきなり増菌培地を浴びるなんてのは避けたいな~~こんな時の殺菌には引火の恐れがあるからエタノールぶちまくわけには行かないし、やっぱり塩素か・・・・・しかし、普通に使うならいいけど、「混ぜるな危険!」状態になるとまずいか・・・クレゾールはあの臭いが妙な達成感を感じさせてくれるけど、濃度を間違えると凶器になるだろうし・・・・・過酢酸もあるけど後が大変・・・・テゴーでも用意しておこうか・・・・
ついでに、こんな時には水も止まっているだろうから、希釈用の水をペットボトルに入れ準備しておこう・・・・・

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

確かに実験室で地震が来ると、重量物だけじゃなくて、薬品や培養液が気になりますね。

培養液はいやだなあ。
次亜を手元においておこうっと。
【2007/11/20 12:45】 URL | moako #-[ 編集]

>moakoさん
コメントありがとうございます

アジ化Naやピクリン酸、強酸強アルカリその他毒劇物・危険物など、ヤバいものは耐震ロッカーに保管できても、培養中のものはそうもいきませんよね~(^_^;)

抵抗力を持つ菌が簡単に発生するので普段は使用してませんが、逆性石鹸ってのが意外と便利だったりして・・・・
【2007/11/21 21:21】 URL | kumamusi #qY5QdGkI[ 編集]

学生時代、研究室で大きな地震に遭遇しました。 CO2ボンベはひっくり返り白煙を噴き、試薬びんは棚の中で大転倒。
いまにも倒壊しそうなケルダール蒸留装置はP並みを体で検知した助教授が飛び込んできて抑えている。 といった有様でした。

その何年か前の十勝沖地震でひどい目にあったので試薬が棚から落ちないような工夫はしてあったのですが、それはそれは大騒ぎでしたが大被害はありませんでした。

電子天秤がすべて要校正になってしまったのが最大の被害でしたねぇ。

まぁ ひっくり返してしまった後は塩素が一番いいですかね。 どうせ窓ガラスも割れているでしょうから換気には困らない(笑)

私も住んでいるところは火山の上。 いつ爆発するやら。。 借家だからいつでも気楽に逃げ出せますけどね。
【2007/11/24 08:44】 URL | ZL2PGJ #-[ 編集]

>ZL2PGJさん
コメントありがとうございます

いや~・・・修羅場をくぐられてきたんですね・・・・・
私も千葉県東方沖地震に遭遇して、サイホンで洗浄中の100本近いピペットがぐっちゃぐちゃ・・・・・
一度でかいのを経験しないと、身近なことと思わないのかも。ちなみに機器分析の部署は無防備です。一台一千万以上のマスが何台もオシャカになる・・・・・でもそれより命が大事だから、さっさと逃げよう・・・・・・
同じ小売業の知り合いのラボには「これは自衛隊で使ってるそうです」なんていうキャビネットその他諸々で安全対策に気合を入れてるところがあります。しかし・・・・・大きな地震が来たら二階建ての建物がまったいらになっちまうだろうな・・・・床の抜けそうなプレハブ(昔のプレハブです)でありました・・・・・・
【2007/12/03 21:41】 URL | kumamusi #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hinkan.blog59.fc2.com/tb.php/63-835a4180
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。