小売業の品管
昔あったこと、いまやってること、その他どうでもいいようなことを・・・・・

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

kumamusiです。 某小売業で、品質管理をやってます。 コメント、リンク歓迎です。

kumamusi

Author:kumamusi



最近の記事



カテゴリー



リンク



最近のコメント



月別アーカイブ



FC2カウンター



最近のトラックバック



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


冷凍・冷蔵ケース

今年の暑さは異常でした・・・・
日本での最高気温が更新された日、検査室の温度がいきなり上昇・・・・エアコンが壊れたのかと思ったら・・・・エアコンの性能の限界を超えてしまったようです。昼過ぎに日が陰ると、温度が下がり始めました。
しかし、室温があがると機器分析では秤が使えない、体積計が使えない・・・微生物でも、通常培地・試薬等の保管温度は25℃以下なので、気が気でない・・

その昔、店舗の冷蔵・冷凍ケースのチェックをはじめて行った時のこと。そろそろ暑くなる季節のことです。放射温度計を持って店を回りました。
それまで、こんなことは行われたことは無く、管理も店の裁量任せだったので、さあ大変。冷気の噴出し口についているハニカムが詰まっていたり、無かったり・・・ハニカムが欠落すると、その部分から冷気が大量に流れて、ハニカムの部分から冷気が出てこない・・・・その他、ケースの温度計が壊れていたり、設定温度を最低にしても10℃以下に冷えなかったり、冷気吸入口を塞ぐように商品が並べられていたり、冷蔵ケースの外にカートンを積んで牛乳を売っていたり、冷凍のケースでロードラインを超えて商品が入れられ、一番上は0℃を越えていたり、解凍した冷食をドライアイスで凍結させて売っていたりなどなど・・・無法地帯です。また、エアコンから噴出した風が当たる部分や、出入り口から吹き込む風が当たる部分は冷えてない・・・・・更に冷ケースの温度計のセンサーの設置場所によって、実際の商品の保存温度が大きく違ってくる・・・・当たり前か・・・・
その都度、店舗の職員に注意しましたが、忙しくて出来ないとか、私は関係ないから偉い人に言ってくれとか、そもそもなんでそんな事を言われるか理解できないとか・・・・
らちが明かないので、店舗部の部長と品管の部長、管財の部長(機器のメンテは管財がやっています)で集まってもらい協議することとなりましたが、店舗部の抵抗が強かった・・・曰く、「利益が上がってないのに、機器のメンテに金はかけられない」「手の届きやすいところにボリュームを持たせて陳列しないと売れない」「前陳(はみ出し陳列、冷ケースの手前外側に商品を並べること)しないと、売り上げが落ちる」などなど・・・
ZL2PGJさん、わが社の実態はこんなもんでした・・・・・・確信犯です。
しかし、なだめてすかして脅して、経費がかかっても売り上げが落ちても当たり前の管理をしようとの結論に持っていけました。でも、現場からは「売り上げが落ちる!」と脅しのような抗議もあったりして・・・・そんな時には、「落ちてもいいから法律を守れ!!」と突っぱねる・・・・・
それからまともな状態になるまで2年ほどかかりました。こまめに店舗を回って点検を行なうので結構大変。しかし、その翌年、一気に事態が好転。テナントの総菜屋で腸炎ビブリオによる食中毒事故が発生し、その部門が営業停止を食らったからでした。犠牲者が出て、マスコミで公表されないと保健所の講習会で教わるような当たり前のことをやらないというのが実態・・・・・・と、ただの愚痴でした・・・・・・
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

初めまして。
小売業にて品菅してる者です。
ふらっと日記を読ませてもらってます。
犠牲者が出ないと法律を守らないのはどこも同じなんですね-。
【2011/02/10 08:58】 URL | Eco #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hinkan.blog59.fc2.com/tb.php/59-754b9619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。