FC2ブログ
小売業の品管
昔あったこと、いまやってること、その他どうでもいいようなことを・・・・・

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

kumamusiです。 某小売業で、品質管理をやってます。 コメント、リンク歓迎です。

kumamusi

Author:kumamusi



最近の記事



カテゴリー



リンク



最近のコメント



月別アーカイブ



FC2カウンター



最近のトラックバック



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


高温菌

低温細菌がいるんだったら、高温細菌だって・・・・・
とある夏の暑い日、生ひじきで多発クレーム。ともかく例えようのない異様な味・臭いがして、食べるどころではなかったとのこと。
この生ひじきは、乾燥ひじきを水戻しし、脱気包装した後、蒸気で殺菌するといった製造工程で、常温で流通させます。
で、現物を試験することになりましたが、通常の項目の他に、当時の気温や、脱気包装であることを考え、温度を変えて無菌試験を行ってみました。
TGC培地に植えて、35℃から55℃まで5℃おきの温度で培養してみると・・・45℃あたりから発育がみられ、温度が上がるほど旺盛に発育してるよ・・・・特に嫌気的でなくとも発育するようだし・・・・通常の衛生指標菌は何も生えてきませんでした。
高温菌では同定のやりようも無かったので、この菌が原因であろうということにしてしまいました。

しかし、後から調べてみると「常温流通」の実体は・・・・程度ってのがあるだろ!
ダンボールに詰められた商品は炎天下トラックの荷台に載せられ、シートをかけた状態で工場から物流センターへ。納品された物流センターでは、どうも日のあたる場所にしばらく放置していたらしい。もしかしたら、工場でも殺菌後十分に冷却されていたかどうか・・・・製造記録は望むべくもないメーカーさんでした。その前には蒸気殺菌してない商品を出荷した事もあったし・・・・

というわけで、その後その商品はもともと常温流通が無理な設計であろうとの事で冷蔵流通へ。数年後には物流センターも、もっとましな施設へ引っ越しました・・・・結構昔の話です。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hinkan.blog59.fc2.com/tb.php/37-0c5f6177
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。