小売業の品管
昔あったこと、いまやってること、その他どうでもいいようなことを・・・・・

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

kumamusiです。 某小売業で、品質管理をやってます。 コメント、リンク歓迎です。

kumamusi

Author:kumamusi



最近の記事



カテゴリー



リンク



最近のコメント



月別アーカイブ



FC2カウンター



最近のトラックバック



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


セレウスとチュリンゲンシス

NGKGより卵黄反応がはっきり判るので、MYPを使っています。昔は売ってなかったので自家調整するしかありませんでした・・・・ただ、NGKGのほうが納豆菌に対する選択性は高い・・・ようです・・・どうでもいいか・・・・・
以前は、選択培地上のコロニーを純培養して糖分解を見てやっていましたが、平板上で典型的なコロニーであれば、まず外れることはありません。ある時、いつもセレウス菌が検出されるイチゴの生ケーキがあったので、思い立って結晶体毒素を見てみました。すると菱形の結晶体が・・・・thuringiensisだよ・・・・ケーキ屋さんに文句言って悪い事したな・・・・
で、試験法の見直しを行いました。NGKGやMYPで似たような卵黄反応陽性のバチルスは、B.cereus B.thuringiensis B.mycoides B.anthracis あたりです。このうち、anthracis は食品から出ないことにしてしまおう。mycoides は特徴的な仮根状集落を作るので、判りにくい時は適当な平板に線状に画線・培養してやれば、図のようなコロニーになります。
cereus と thuringiensisは、簡易同定キット程度では区別ができません。当方でも結晶体毒素を確認するくらいしかできませんが、thuringiensisでも結晶体毒素を出さない株もあるとの事。まあ、セレウスの同定は結晶体毒素を観察するまでで勘弁してもらおうと言うことで・・・・・・滅多にありませんが、コロニーの形で判断がつかず、糖分解試験など生化学的性状が必要な場合は、簡易同定キットを使用するようにしました。バチルスは培地のアルカリ化が強いので、確認培地を自家調整しないといけないし・・・
実際始めてみると、前記のイチゴや紫蘇の葉を使った加工品など、いかにもハウス栽培でBT農薬使いましたといった農産原料の食品からポツポツと出てきます。しかし、普段の試験なら、平板上のコロニーで判断し、そのまま推定セレウスとして結果を出しても問題ないような検出率です。

その昔、とある検査機関にBT農薬の残留試験を頼んだら、試験法を調べるのにずいぶんと苦労したようです。結果は「カイコに食べさせて、LD50で求めるようなので・・・・・」却下されてしまった・・・・・
mycoides

スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hinkan.blog59.fc2.com/tb.php/3-269f9288
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。