小売業の品管
昔あったこと、いまやってること、その他どうでもいいようなことを・・・・・

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

kumamusiです。 某小売業で、品質管理をやってます。 コメント、リンク歓迎です。

kumamusi

Author:kumamusi



最近の記事



カテゴリー



リンク



最近のコメント



月別アーカイブ



FC2カウンター



最近のトラックバック



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FSMS

お久しぶり。
検査は無しで自社・外注取引先の品質向上に追われております。
で、それまでの摘発型品管は変えさせてもらい(重箱の隅をつつくのは誰でもできるわな・・・)いつものやり方で・・・・時間はかかりましたが全体的に水準は上がったかと・・・・親会社の検査で年間で数十件の不合格があったのもゼロになったし・・・これも取引先メーカー皆さんの努力のおかげです。
最近は、取引先のメーカーさんでもISOやSQFを取得している所、HACCPを導入または取得している所、AIBを導入している所、これらを組み合わせて運用しているところが半数を超えています。
当社では年に1回、取引先メーカーさんの点検を行っており、内容はHACCPの一般的衛生管理事項を簡素化したようなものですが、せっかくだからこれらの仕組みを取り入れているところは、それを利用し内部監査風に点検を行うようにしてみました。先方も慣れているだろうから短時間で済むだろうし・・・・しかし、実態は・・・・FSMSの認証を受けているといっても、迂闊に信じてはいけない・・・・・
完璧だと思ったのはSQFを取得していた某公社さん。このときは先方の品管が当社の商品担当の対応を行っていたため、一人で先方のマニュアル・手順・帳票を点検させてもらいましたが、どの業務はどの手順で、使用する帳票はどれで何を記録するというのが判りやすく整理されており、商品のトレースもあっさりできてしまいました。
ここまで行かなくても、某企業のいくつかの工場のISO22000、ISO9001は、帳票が出てくるのに時間はかかったり、判りやすく作り直した別帳票が存在したりしましたが、まあ、及第点・・・あとは、自社で構築したHACCPをうまくまわしているメーカーさんもあったり・・・・
その反対に、とあるマル総を取得している工場では、軽トラック1台分くらいの整理されていない帳票が出てきて「これで1か月分で、これから整理します」・・・現場の人しか内容がわからず、その度に現場に呼びに行く・・・・・・
SQFレベル3のある工場では、手順に使用する帳票が記載されておらず、また回収の手順はだれが何やるの?と聞くと、別手順のマニュアルが出てきたり・・・・
最悪だったのは、某大手グループ企業のとある工場。ISO22000の手順書では点検ができないし、帳票も帳票になっていない・・・・当方では、このような工場の事を「USO800を取得してた」と言います。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hinkan.blog59.fc2.com/tb.php/104-751e2f04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。