小売業の品管
昔あったこと、いまやってること、その他どうでもいいようなことを・・・・・

カレンダー

07 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

kumamusiです。 某小売業で、品質管理をやってます。 コメント、リンク歓迎です。

kumamusi

Author:kumamusi



最近の記事



カテゴリー



リンク



最近のコメント



月別アーカイブ



FC2カウンター



最近のトラックバック



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


精度管理 その2

とりあえず、自ら先頭にやってみました。
まず、黒い線は栄研の芽胞菌液を使用し、5回繰り返しで、平均値が菌液の保証値、分散が0.06の場合の正規分布曲線です。昔、ISO17025を取得する検査機関が出始めた頃、実践に配備する新人さんの腕前がこれくらいと聞きました………しかし、2σで見ると、精度管理のガイドラインの回収率(対数ではなく実数で…・対数でやるとヌルすぎると前職のパートさんに言われてしまった…・)をはみ出してしまう…・・
正規曲線
赤い線と水色の線が新人さん。赤い線の方は、フライフィッシングのフライを自分で作ると言うだけあってうまいなー…・でも初っ端芽胞菌液をよく混ぜなかった事が判る…・・水色の線は、一回大きく外してしまってこの値です。こっちのほうが原因が判りづらい。もう一度やってもらいましたが、ピークが下方向に大きくドリフト。我社のレベルでは先は長い…・(前職では「バツゲーム」との名称で、しっかりできるまで時間と経費を使ってトレーニング出来ていました…・私も含めて…・・)
紫色は…・私です。流石に老獪ぢゃわい…フォッフォッフォ…・

しかし、ペトリフィルムの注記にあるように、このバシルスはゲル化剤を溶かしてトロトロになってしまうので、培養中は振動を与えないように、また培養時間は18時間程度にしたほうがいいようです。
スポンサーサイト

自動水栓

定例の工場内の拭き取り・水道水の採取が終わって、採水ボトルが余ったので、いままでやった事がない工場入り口の手洗いから水を採取。ここは自動水栓で、シャワー型の蛇口です。検査をすると1mlあたり数十個の菌が出てきました。なんかおかしいと思いつつ、しばらくして手洗い場の10箇所の水栓のシャワー下面の拭き取りと水の採取を行ないました。結果・・・・水からは1mlあたり3桁、シャワー下面は一箇所当たり4桁以上・・・・下面プレートはネジ止め式だったので外してみると、プレート表面はスケール状の水垢と、石鹸の成分が付着して固まったようなもので真っ白ガサガサ、プレート内側はピンク色っぽいものでヌルヌルしている・・・・・シャワー本体内側は鋳放しでガサガサ・・・・・こりゃバイオフィルムの巣になるわ・・・・・塩素が含まれている水道水が流れていても細菌はしぶとく繁殖するのでありました。
で、工場長相手に騒いで二人で水栓の洗浄殺菌をすることになりました。下向きのシャワーですから、内側に風呂場のカビ取りみたいな泡タイプの塩素を噴霧すればいいんですが、工場内にはMSDSのない薬品は持ち込めない決まりごとなので、そこらへんで買ってくるというわけにもいきません。とりあえずジアクリーナーの泡タイプを発注して、今回はコップに次亜をいれて本体を漬けるということで・・・・しかし、うまく行かないだろうな・・・・下面プレートは外してクエン酸水溶液に漬け、オートクレーブで加熱しスケール落とし。
見た目にはきれいになりましたが、再度検査すると、まだ若干菌が出てきます。しぶといもんだ・・・・
ついでに目に付いた事務所や食堂の水栓(こちらは普通の形の自動水栓)の中をふきふきチェックでグリグリ拭き取りすると、綿棒が真っ黒になって、ドロドロしたものが付着・・・・パートさんや職員に「ここから出てきた水でお茶沸かして飲んでたんだよ~」とやって嫌われてしまった・・・・
翌日には殺菌剤が届いたので手洗い場はもとより、事務所、食堂、厨房、トイレの自動水栓の清掃・殺菌をしましたが、どこもおぞましい状態でありました・・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。