小売業の品管
昔あったこと、いまやってること、その他どうでもいいようなことを・・・・・

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

kumamusiです。 某小売業で、品質管理をやってます。 コメント、リンク歓迎です。

kumamusi

Author:kumamusi



最近の記事



カテゴリー



リンク



最近のコメント



月別アーカイブ



FC2カウンター



最近のトラックバック



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


t 検定

いや~…・I ハムさんの件は大きいですね。今まで世間を騒がせた商品事故はカスリ傷で済んだんですが、今回は被弾してしまった……とりあえず回収対象商品は無かったものの、報道の直後は「変な味がした」「気分が悪くなって嘔吐感があった」「下痢をした」「めまいがした」なんていうクレームが…・・

というわけで、公定法とペトリフィルムの試験結果に差があるらしいなんてときには t 検定を行なってやります。統計は、訳のわかんない記号が出てきてなかなかとっつきにくいですが、判りやすく解説されているサイトがありました。

ハンバーガー統計学にようこそ!
http://kogolab.jp/elearn/hamburger/index.html

エクセルを使って膨大なデータを分析ツールを使わず、しみじみ検定するのは個人的にはなかなか楽しい・・・・・分析ツールで一発で求めるのとは、達成感が違う…・そういえば学生時代、線形代数を10桁の電卓で徹夜で解いていたような……当時は10桁の電卓も高級品でした・・・・・

まずは、エクセルのツールからアドインから「分析ツール」にチェックを入れておきます。
エクセルメニュー
エクセルアドイン

続いて、データの入力です。入力が終わったら、いつものように値を常用対数に変換します
対数変換

それが済んだら、「ツール」→「分析ツール」から、「 t 検定:一対の標本による平均の検定」をクリックします。
t 検定:一対の標本

出てきたダイアログボックスで、変数を指定します。 α は通常、0.05で十分かなと思います。0.01で差があるとなれば、かなり高度な差があります。
ダイアログボックス

で、OKとやると、下の値が出てきます。
結果

黄色のセルが t の値で、この値の絶対値が水色のセルより大きければ、2つの標本の間に差があると判断します。

この場合は、1つの検体を2つの方法で検査して差があるかといったような、データーに対応がある場合ですが、例えば、賞味期限を延ばすために製法に工夫をしたプロトタイプの商品AとBで、更に検査した数が異なるなんて場合は、分析ツールのダイアログボックスから、「t 検定:等分散を仮定した2標本による検定」を選びます。ダイアログボックスの t 検定にはもう一つありますが、こちらの方が判りやすい・・・・・・・

しかし・・・・・・統計処理が簡単にできる・・・・・・・・いい時代になったもんだ・・・・・・・


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。