小売業の品管
昔あったこと、いまやってること、その他どうでもいいようなことを・・・・・

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



プロフィール

kumamusiです。 某小売業で、品質管理をやってます。 コメント、リンク歓迎です。

kumamusi

Author:kumamusi



最近の記事



カテゴリー



リンク



最近のコメント



月別アーカイブ



FC2カウンター



最近のトラックバック



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


簡易検査・・・生菌数

サルモネラの試験は、現在BDのクロムアガーサルモネラを使用しています。DHLのときよりも擬陽性が格段に少なくなりました。しかし、値段が高い…・まあ、手間を考えれば……
久々に出てきたので、アスカ純薬のスワブカラーでスクリーニングを行ないました。
陰性であれば、赤く発色してくれます。取り説にはコロニーをつついて3~5分放置してとありますが、5分程度置いてやったほうが発色はいいような感じです。
スワブカラー

さてさて、とある内部会議で、現場の方から外部に検査に出した保存検査の結果と、自社で行なった結果が異なっていると言われたとの事。
そりゃそうでしょう。FEPASでペトリフィルムを使用しているところもありましたが、6乗7乗出てくるものをペトリフィルムでディスポのスポイドを交換無しで希釈していればオーダー数違っていても当たり前。また、コロニーカウンターで拡大してカウントするわけでもない…・・同業他社で、カウントする担当が若者だと菌数が高くなると言っていたところがありました。年をとると視力が落ちて小さいものが見えなくなる…・・

ルーペで拡大してみると、結構肉眼では見えないピンポイントコロニーが発生しているものがあったりして、こんなのだと菌数が数倍違ってくる・・・・・・・
コロニーカウンター(でかいルーペがついているもの)を入手する必要があるようです。



スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。