小売業の品管
昔あったこと、いまやってること、その他どうでもいいようなことを・・・・・

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

kumamusiです。 某小売業で、品質管理をやってます。 コメント、リンク歓迎です。

kumamusi

Author:kumamusi



最近の記事



カテゴリー



リンク



最近のコメント



月別アーカイブ



FC2カウンター



最近のトラックバック



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


洗浄

機器分析の人は、ガラス器具の洗浄後、蒸留水を通すのが当たり前のようですが、微生物の検査では水道水ですすいで終わりにしてもいいか・・・・
新たに設けられる検査室は、ディスポの機材の使用も多く、洗い物の量もそれほど多くなりませんが、その昔、フィルター付きのストマッカー袋がなかった時代、特に油の多い食肉製品を検査した後の牛乳ピペットの洗浄には苦労しました。油が落ち切れてないものを乾熱滅菌すると黒くコゲてしまう・・・・・最初のうちは、細いピペット用ブラシでしみじみ洗っていましたが、たちまち飽きてしまいます。洗った後には洗剤に漬込みますが、ある時、ものは試しでアルカリ洗剤の変わりに濃いめの台所用中性洗剤に漬込み、サイホンで一日すすいで乾熱滅菌をかけると・・・・目がチカチカして部屋にいられない・・・・陰イオン界面活性剤の残留試験を行う時には、使用するガラス器具をしつこく洗浄するとか、車のフロントガラスの内側を中性洗剤で拭いてデフロスターをつけると、目がチカチカすると言った話を思い出してしまいました。
で、あれこれ試して最も調子よかったのが、洗濯用粉せっけん(合成洗剤ではなく生協で売ってるような粉せっけんです)でした。これを熱湯に溶かし使用済みのピペットをしばらく浸けて、その後ぬるま湯ですすいでアルカリ洗剤に漬込みます。
それでも落ち切れないものは、黒いコゲになります。とある検査室では、真っ黒になって中の検液が見えなくなると捨ててしまうなんて勿体ないことをしているところもありましたが・・・・・
そうなると、薄い苛性ソーダで煮沸しました。やっぱ、これでしょう。イワキのカタログには、熱アルカリでガラスの表面が熔けたり、目盛りが消えるなんてありましたが、20年以上同様の使い方をしてもガラスの表面が白くなったり目盛りが消えるなんて事は無かった・・・・
苛性ソーダを使わなくても濃いめの漂白剤に一晩浸ければきれいになると聞いたことがあります。こちらのやり方の方が安全でしょう。
苛性ソーダを使うと、中和の作業が必要になります。中和せずに乾熱滅菌すると、表面に粉がふいたようになり、くわえると変な味がする・・・
サイホンに塩酸をたらしてしばらく浸けていましたが、ここでクエン酸を使っているところもありました。…・・その昔、出向になったとき、そこではミーレの洗浄機を使用していましたが、中和剤を使用していませんでした。これで洗浄したガラス器具に蒸留水を通し、LBの粉末を入れたら、水に触れた部分が紺色に発色してしまった……

たかがピペットの洗浄ですが、きれいに洗浄できるまでの道のりは遠かった…・今は、自動洗浄機や、大型の超音波洗浄機などなど…・・

ついでに、ガラス製のダラム管も…・・洗浄・乾燥後、耳掻きで中をほじってるところもありましたが、当方では中性洗剤で洗浄後、ザルに入れて小一時間煮沸、その後乾熱滅菌していました。しかし、180℃1時間では、まだ中に水が残っていることがしばしば…・汚れが落ち切れてないようであれば、薄い苛性ソーダに漬けてそのままオートクレーブ。水洗い後、薄い塩酸に漬けて再度オートクレーブ、その後水洗、乾熱滅菌なんて事をやってました。
超音波洗浄機が入ってから、それで洗浄していましたが、中まできっちり洗浄できているのか疑わしかったので、何か代わりのものがないかと探していました。1980だか1990の衛生試験法注解に掲載されていたウレタンの破片みたいなのを使ったこともありますが、調子が良くない…・
その後、栄研からガストラップチップが発売され、速攻でダラム管の代用にしました。しかし、これもガス発生が弱いと沈んでしまうので24時間毎に観察しています。


スポンサーサイト

EHEDGガイドライン

最近のネタ・・・・・
メルクのサイトから培地のマニュアルを請求したら、CDとプライスリストが送られてきました。早速、職場のサーバーにコピーして、みんなで活用しています。
メルクマニュアル

こちらの「メルク微生物マニュアル」から請求できます。
http://www.merck.co.jp/japan/chemical/index_products.html
メルクさん ありがとうございます。

食品衛生検査指針:2004のMPN5本法の表に誤植があります。0・0・0では<1.8のはずが不等号が抜けています。
見ただけで間違ってることが判るので、特に問題とも思わないんですが、公的機関に外部検査に出した時、試験結果がこの表を元に証明書が作られていました。
試験に公定法が定められている商品で、結果の表記が変だったので問い合わせてみると「全部陰性だったので、(100gあたり)18としました・・・・」って、ちったあおかしいと思えよ・・・・!
MPN表


ご好意によりEHEDGのガイドラインを見る事ができました。量が思っていたよりはるかに多く、内容も「あ、なるほど」と納得できる事が整理されて書かれています。
何年経験を積んでも、まだまだ勉強しなければならないことが山のようにあると思ってしまいました。

で、思い出したのが、その昔、食肉製工場での事。製品から大腸菌群が検出されなかなかおさまってくれませんでした。ふき取りを行うと、出所は回転式力ッターのつけ根のようです。
シャフトの片側にカッター、間にシールが入っていて、もう片方には動力入力のプーリーが固定されています。この動力入力側からカッター側に菌が滲んでいるようです。動力入力側は分解・殺菌しづらい構造なのが悩ましい。
シールは特に問題なさそうだったので、どうしようと思いましたが・・・・
バイクの雑誌で「クランクシャフトの切削跡がエンジン回転時、クランクケースからポイント側になっているとポイント側にオイルが滲んでくる」と書いてあったのを何気に思い出し、もしそうならばと耐水ぺ一パーを買ってきて、シャフトを回転させながらシールの当たる部分を動力入力側に研磨してやると・・・・期待したとおり、菌の滲み出しはピタッと止まってくれました。乱暴なやりかたでありました・・・・
結構昔の話です。今の機械はシールの当たる部分は通常鏡面仕上げで、こんなことはないはずです(^^;


酢・・・

夏が終わるころになると、酢の中にクラゲのようなものが発生したとのクレームがぽつぽつと上がってきます。

アジロ

かなりの人は、酢には殺菌作用があり、細菌が繁殖するなどとは思ってないようです。開栓され、酢酸菌がビンの中に飛び込んだりしたものを夏場常温で放置すると、菌がセルロースゲルをせっせと作り、そのうちそれがクラゲのように漂いはじめる・・・これを業界では“アジロ”と呼ぶようです。夏場の酢は、冷蔵したり振ってやると固まりが発生しづらいとの事。しかし、酢酸菌の同様の働きで作られるのが紅茶キノコとナタデココというのを改めて知りました。

セルロースゲル

異物を染めてみました。菌がゲルに付着しています。
昔ながらのやり方で酢を作るときには、タンクの酢の表面にこの膜が浮いて発酵が進んでいくとのこと。
タンクでブクブクやるのとはまるで違うんですね。いや、奥が深い・・・

しかし、クレームの回答用紙に、この写真を添付しようとしたら、同僚から止められた・・・・菌がいるのはナットウだってヨーグルトだって同じじゃん・・・・・と思いましたが、これで喜ぶのは理系の人か・・・・生理的に強い拒絶反応を示されて、火に油となったら消火作業が大変なので思いとどまりました(^_^;)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。